AC克服カウンセラー 奥野和希『公式HP』

行動できないあなたは悪くない! 行動できないと悩む原因と解決法

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは、

アダルトチルドレン 克服カウンセラーの奥野です。

カウンセリングをしていると

 

  • 『やろうとしても中々行動できません。』
  • 『不安が大きく、いつも行動できない自分のことを情けなく思います。』

 

など『行動ができない』

というお悩みを抱えた人がたくさんおられます。

 

今日は

『行動できない人の原因と解決方法』

について記事を書いていきます。

 

行動できないことは悪くない

 

そもそも人間は行動したくないんです^_^

行動しないで楽したい。

それが本能なんです。

 

だって、行動ってしんどいじゃないですか 笑

わざわざ、しんどいことを無理に

やろうとしなくてもいいと思いませんか?^ ^

 

  • 周りが行動してるのに自分はできていない。
  • もっと行動しないといけない💦

 

なんて思い込みをもっているとしたら

今すぐ捨ててしまいましょう!

 

あなたには必要ありません。

 

なぜなら

この記事を読んでくれているあなたは

行動をしていない人ではないからです。

行動ができないと悩んでいる人です。

 

むしろ、頑張り屋さんです。

つまり、何が言いたいかというと

あなたはすでに行動しているんです!

 

自分が変わるために

記事を読むという行動を

しているのに

その行動をあなたが評価していないだけなのです。

 

あなたは何も悪くありません。

 

悪いのはその自分のことを

評価しない考え方です。

 

 

もちろん、何も行動していない人には

もっと行動しましょう!と言います。

 

ですが、行動できていない。

とカウンセリングで悩んでいるほとんどの人が

行動はできているけど

その行動を自分で認めていないだけなんです。

 

例えば

  • 朝起きたこと
  • 顔洗ったこと
  • 出かける支度をしたこと
  • 電車に乗ったこと
  • 駅まで歩いたこと
  • 出社したこと
  • あいさつをしたこと
  • ご飯を作ったこと

など、人は1日の中でたくさんの行動をしています。

 

そのできている行動を当たり前だと思って

評価していないんです。

 

逆に

  • 朝、時間通りに起きれなかった
  • やろうと決めたことをまたやらなかった
  • 約束を守れなかった
  • 早起きして本を読めなかった
  • 新しいことにチャレンジしようと調べたけど行動できなかった。

 

など、行動できていないところだけを

わざわざ見つけ出して、自分に罰を与えています。

 

新しいことにチャレンジしようと

調べた行動は評価しないで

 

行動できなかった自分だけ責める。

 

こんな理不尽な扱いを受けていたら

誰だって行動できなくなります。

 

まずは、行動できていることを

認めることから始めていきませんか?

 

行動できない原因

 

それは、先ほどもお伝えしたように

あなたの考え方です。

 

できたことは当たり前 ⭕️

できなかったことだけ責める 

というあなたの考え方のクセにあります。

 

じゃあ、やっぱり私が悪いのか😢

そうではありません。

 

なんでかというと、

あなたは最初からそんな考え方じゃなかったからです。

 

赤ちゃんのときは前向きで行動できない自分のことを

責めたりしなかったはずです。

 

親や先生など、周りの大人の影響を受けて

その考え方になってしまっただけなんです。

 

時間をかけて

脳にプログラムされてしまったんですね。

 

一度、プログラムされてしまうと

動物はどうなるのか実験データがあります。

 

ノミの実験

 

ノミは小さい体でも

1メートルもの高さのジャンプができます。

 

そのノミを高さ30センチメートルの

ビンの中に入れます。

 

そして、出ていかないようビンに蓋をします。

 

ノミは勢いよくジャンプしますが

蓋に頭をぶつけて痛い思いをします。

 

そして、それを何度か繰り返したノミは学習します。

高く飛ぶのを諦めて

頭をぶつけない高さで飛ぶようになるんです。

 

その後、ビンの蓋をとるとノミはどうなると思いますか?

 

 

 

正解は

蓋を取ってもノミは30センチメートルの

ところまでしか飛べなくなるそうです。

 

本当はできるのに

できないという思い込みを学習してしまう。

これを学習性無力感といいます。

 

これはノミだけでなく他の動物

もちろん人間にも例外なく当てはまります。

 

自分には行動できないんだ。

と思い込んだ期間が長ければ長いほど

  • 『やっぱり無理だ』
  • 『どうせ自分にはできない。』

と自分の可能性に蓋をして諦めてしまいます。

 

この学習性無力感の状態になってしまうと人は

なかなか行動することができなくなります。

 

なぜ、行動できなくなったのか

 

結論は、あなたが小さい頃に

周りの大人からかけてもらった言葉

に影響を受けています。

 

失敗学を大人は子どもに教えない

本来、失敗にこそ気付きと成長があります。

ですが、僕らの周りに周りには

  • 間違っても失敗はいいよ!
  • 楽しい!
  • こんな意義があるんだよ!

と、教えてくれる大人は少ないのです。

 

親はもちろん、

学校の先生でさえ失敗はいけない

ということを教えています。

 

逆に親は子を心配するがあまり

 

失敗に気をつけろ!

さもなくば、

取り返しのつかないことが起きるぞ!

 

と、失敗したら

あたかも人生が終わってしまうように

大げさに伝えてしまう大人も多いものです。

 

 

その結果、子どもは

  • 失敗したら終わりだ
  • 失敗は絶対にいけないことだ
  • 失敗しないためには行動しない

 

と行動できなくなり、

可能性にどんどん蓋をしてしまいます。

 

行動できるための方法

 

では、どうすればいいのか?

それは、人と環境を変えることです。

 

実は、先ほどのノミの実験には続きがあります。

学習性無力感の状態になって飛べなくなってしまった

ノミの隣に、普通に飛べるノミを置いてあげるのです。

 

すると、普通に飛べるノミを見ることで

飛べなくなってしまったノミが

自分も飛べることを思い出すのです。

 

そして、ビンの中にいたノミは全て

また飛べるようになったようです。

 

人間も全く同じです。

行動できないようにプログラムされてしまったのであれば

行動できるプログラムに上書きをしてしまえばいいのです。

 

そのためには、

  • 行動できている人
  • なぜか人生をめちゃくちゃ楽しんでいる人
  • 好き勝手やってるのに人に愛されている人

と一緒に過ごすことだけでいいのです。

 

そんな人が身近にいなくても

今はYouTubeでたくさん動画を見ることができます。

 

人は一緒にいる人がどんな人か

どんな環境にいるのか

で人生が変わります。

 

まとめ 行動できないあなたは悪くない!

 

①行動できない人も行動している

 

行動できない結果だけをみて

行動している経過はみていない。

 

小さな経過の積み重ねが

やがて大きな結果を作ります。

 

行動できていない自分を責めるのはやめて

できている自分の経過を認めてあげて下さいね^ ^

 

②行動できないのは脳がプログラムされているから

僕らは小さい頃から、

  • 自分にはできない
  • 失敗してはいけない

 

と、とんでもない思い込みを

背負わされてしまっています。

 

ですが、人間は自分の思い込みを自覚でき

自分の意志で変えていくことができます。

 

他の動物にはできないのです。

 

せっかく自由にプログラムできる

人間に生まれたのですから

 

人生を不幸にする思い込みは手放して

人生を幸せにする思い込みに

書き換えていけばいいのです。

 

③人生は一緒にいる人と環境で変わる

 

自分とは違う価値観の

ぶっ飛んだ人に会いに行きましょう!

世の中には面白い人がたくさんいます。

 

僕は人生なんて何の意味も楽しいこともないと

思い込んでいましたが

 

  • カウンセリングを受け
  • 本を読み
  • 動画をみて
  • 講演会に行き
  • 自分と向き合う合宿やセミナーに参加

したりすることで

 

少しずつ自分の中のプログラムが

変わっていきました。

 

今、どれだけ人生が辛くても

必ず克服する方法はあります。

 

何が自分を変えるきっかけになるのかは

やってみないと分かりません。

 

少しずつでいいので

一緒に試し続けていきましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© AC克服カウンセラー 奥野和希『公式HP』 , 2021 All Rights Reserved.